前へ
次へ

賃貸マンションの内見をする際に気をつけること

賃貸マンションの契約をする場合は、必ず内見を行いますが、その際に簡単に見るのではなく、しっかりといろいろな場所を見るようにしましょう。もちろん間取りなども確認しなくてはなりません。実際に内見に行ってみると、案内をされた際に掲載されていた情報と実際の間取りが大きく異なるなどの場合があります。この場合は案内された情報をしっかりと確認するようにしましょう。間違いのないはずの間取りが、間違っていると言う場合は、他の条件も間違っている可能性があるので、信用することが難しくなってしまいます。また必ず確認をしなくてはならない部分が、浴室とトイレになります。もちろんリビングなども毎日使用する場所ではありますが、浴室とトイレも毎日使用する場所になるので、きれいな環境でなければ、気分良く生活をすることが難しくなってしまいます。この2カ所が汚れているなどの場合は、他の細かい部分も汚れているまたは破損している可能性が非常に高いので、必ず確認をした方が良い場所だと言えるでしょう。そして次に確認をしなくてはならないのが、音になります。誰でも静かな環境で生活をしたいと考えているはずですが、内見をする際に隣の部屋の音が聞こえてくるなどの場合は、静かな環境で生活をすることが難しいケースがほとんどになります。ある程度条件が整っていて気に入っている場合でも、実際に生活をしてみると音が気になってしまい気分良く生活をすることが難しくなってしまうのでなるべく契約をすることを避けるようにしましょう。これだけたくさんの場所を見れば問題なく契約をしても良いと考えますが、最後に水回りの部分も確認をしておくべきです。水回りの部分が汚れているなどの場合は、ハウスクリーニングがしっかりと行われていない可能性があり、自分が入居した際にきれいにするためにお金を使わなくてはなりません。これではいくら安い賃貸マンションを契約することができても、納得することができません。

Page Top