前へ
次へ

3月入居時の賃貸マンションを探す時期

3月から4月は引越し会社と不動産会社が忙しい時期とされています。それは4月から新年度が始まる仕組みになっているためで、学生の進学や企業等の入社式や異動が集中するためでしょう。会社関係であればある程度準備ができるものの、学生の場合は合格をしなければその学校に進学するかどうかわからないので合格を待って住む物件を探すときもあります。賃貸マンションを3月から利用しようとするときにいつぐらいから始めるのがいいのか考える必要があるでしょう。会社関係なら入社や異動先がその年の初めである1月ぐらいにはわかっている可能性があります。ただ1月だと3月まで期間があるため、早く見つけすぎると厄介な問題も出てきます。1月ぐらいに見つかって契約をしてしまうと、住まなくても契約日から家賃などの支払いが必要になります。会社などによっては家賃を負担してくれるところもあるでしょうが、自分で負担しなければならないときに住んでもいないのに家賃を払いたくないでしょう。3月から住むところがある程度決まっているのであればできるだけ入居ぎりぎりに契約するようにします。となると実際に不動産会社に行くのは2月ぐらいになるでしょう。業者は非常に忙しくしていますし物件もどんどん出てくるもののすぐに決まる状態です。情報に惑わされないようにするには条件を明確にしておき、その条件にぴったり合う物件が見つかったらすぐに決められるようにしておきましょう。比較をしているうちに他の人の物件を奪われる可能性もあります。学生などでまだ進学先が決まっていないならまずは進学先を決めなければいけません。賃貸マンションを探すタイミングが遅くなる時がありますが、学生が利用しているところなら4年生が退去予定の物件から探すと良いでしょう。まだ学生が住んでいるものの3月に退去予定になっている物件で、内見などができないときもありますが見つけやすくなります。また早めに決めたとしても前の入居者が退去しないと利用できないので、契約も先に延ばすことができます。

バルコニーや屋根からの雨漏りにお悩みならこちら
防水工事を行い、雨が降っても水が漏れないようにします。

仮設機材を名古屋よりお安く貸し出し中!ご相談はASNOVA
工事現場で必要不可欠な足場を必要な数レンタルできます。

改修やハウスクリーニングのお見積もりを無料でいたします

住宅の見た目・建物の劣化防止には塗り直しが必要です
見た目がきれいになるだけでなく、風雨による劣化を防げます。

屋根補修のタイミング

Page Top