前へ
次へ

賃貸マンションのキッチンがどうなっているか

食事は毎日するでしょうが、自宅のキッチンで料理を作って行うかどうかとなると人によって異なります。ファミリーであれば平日は朝食と夕食、休日は三食自宅のキッチンを使うところが多いです。一人暮らしの人も基本的には同じですが、学生となると自炊をしない人がいて三食ともコンビニ食や外食で済ませたりもします。賃貸マンションを選ぶにあたってはキッチンの様子をチェックすることがあり、どんなキッチンがいいのか知っておかないといけないでしょう。賃貸マンションにおけるワンルームとワンケーは間取りはほとんど同じです。何が違うかと言えばキッチンスペースがあるかどうかですが、ワンケーの方は部屋とキッチンの間に何らかの区別のための仕組みが用意されています。同じ広さであっても区別するものがあるかどうかは住みやすさに影響することがあり、特に部屋の中を見られたくない人であればワンケーの方がいいかも知れません。学生で部屋の様子を見られても困らないならワンルームでも構いません。キッチンそのものの広さが物件によって違うことがあり、自炊をする人であれば十分な広さがあるかを調べておきましょう。一人暮らし用の物件だとコンパクトな空間にキッチンを抑えるために必要最小限の広さしかないところもあります。一応シンクやガスコンロを置く場所はあるものの、本格的な料理を作るにはあまりにも狭すぎたりします。自炊をしない人ならキッチンスペースはそれほどいらないでしょうから、狭くても気にしなくていいでしょう。キッチンにはキッチン用品の他食料品を置くことがありそれらを収納するスペースがどうなっているかで使い勝手が変わります。自炊をする人ならシンクやコンロの下だけでなく上部にも棚があるかどうかを確認しておきましょう。自炊をしないならキッチン収納は不要かと言えば収納は結構使うでしょう。インスタント食品などを買い込めばそれらを置いておくスペースがある方が良くなります。自炊をしなくてもキッチン収納が充実している方が住みやすくなります。

Page Top